ひげ脱毛

ひげ脱毛クリーム・ローション比較ランキング > スポンサー広告 > 男性ホルモンと体毛・頭髪の関係> [男性ひげ脱毛方法]濃いひげ対策方法 > 男性ホルモンと体毛・頭髪の関係

カテゴリ

最新記事

ゼロファクター5αスターターセット

メンズグローストッパー

ナノナノEXアルファ抑毛セット

リンク

メンズ化粧品アイテムのご案内

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性ホルモンと体毛・頭髪の関係

2010年12月25日(土)

一般に男性ホルモンが多い人は、ヒゲや体毛が濃く、
頭髪は薄毛になると言われています。



男性ホルモンが多いとなぜ抜け毛を促しているのか、
そのメカニズムを解説します。
 

ホルモンは、
環境や体調変化に対応するため、体の機能を刺激したり調整する働き
を持ち、男性ホルモンと女性ホルモンで大きく異なります。

頭髪以外の体毛を濃くするのは男性ホルモンの働きが
強く影響して、逆に頭髪を健やかに保つには
女性ホルモンが関係あると考えられています。


男性ホルモンの一種テストステロンには、
皮脂の分泌や毛母細胞の分裂などを促進させる効果があります。


このテストステロンが、毛髪や皮脂にある
5αリダク ターゼという還元要素により
活性化されると、5α-DHTという
より強力な男性ホルモンを作り出します。



5α-DHTは、髪の元となるタンパク質の合成を阻害したり、
皮脂の分泌を過剰にしてしまうので、
結果的に抜け毛が増えてしまうのです。



皮脂の分泌が過剰になると頭皮の毛穴を詰まられたり、
時には炎症を起こしたり頭髪にさまざまな悪影響を及ぼします。


男性ホルモン影響を受けやすいのが前頭部と頭頂部で、
影響を受けにくいのが側頭部や後頭部となります。


頭髪が薄い人の中で、側頭部や後頭部に髪が
残っている人がいます。

これは、男性ホルモンのテストステロン自体が
直接抜け毛に関係しているわけではなく、
テストステロンが活性化されることによって
変化した物質(5α-DHT)が抜け毛の原因であることを意味
します。


また、男性ホルモンは遺伝的要素、睡眠不足、ストレス
喫煙、食生活などにも影響を受けやすいと言われています。


偏食や間食などの食生活を避け規則正しい生活を
心がけることも大切な要素と考えるべきです。


トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。