ひげ脱毛

ひげ脱毛クリーム・ローション比較ランキング > [男性ひげ脱毛方法]知識編 > 男性ホルモンと抜け毛・薄毛の関係

カテゴリ

最新記事

ゼロファクター5αスターターセット

メンズグローストッパー

ナノナノEXアルファ抑毛セット

リンク

メンズ化粧品アイテムのご案内

男性ホルモンと抜け毛・薄毛の関係

2011年01月08日(土)

ホルモンは体内にある細胞で作られる化学物質で、
その数は70種類以上存在するとも言われています。


また男性ホルモンは、副腎や睾丸で作られていて、
男性特有の体格を形成します。


男性ホルモンは、タンパク質を筋肉や内臓に変換する働きを
助け、皮脂の分泌を促したり、体毛の発育を促します。


健全な一般男性の場合、1日に約7ミリグラムの分泌があります。


女性にも男性ホルモンは分泌し、
その逆に男性にも女性ホルモンが分泌します。


男性の身体では男性ホルモンの方が
女性ホルモンよりも多く分泌されています。


男性ホルモンの多くを担っている「テストステロン」には、
次のような特徴があります。


・体毛を濃く増やす
・たんぱく質を筋肉などに変換する
・皮脂腺からでる脂汗の「皮脂」をつくる
・性欲を増進させる
・男性らしい体つきをつくる


男性の身体形成を促進させる男性ホルモン
一方では弊害も多く発生します。


頭髪の脱毛や薄毛を促すという性質です。


男性ホルモンの一種であるテストステロンには、
皮脂の分泌や毛母細胞の分裂などを促進させる働きがあります。


脱毛症が起こる原因は、このテストステロンがこの悪玉物質に
変化することで起こると言われています。


一般的に男性ホルモンの分泌量は人それぞれ個人差があります。


また、ホルモンバランスは精神的な面から大きく影響を受けます。


日常生活のなかでストレスを感じているとホルモンバランスが乱れ、
薄毛・抜け毛を進行させる原因のひとつとなってしまいます。


プログノ126シャンプー効果と口コミ

インディアン伝承シャンプー効果と口コミ


S-1無添加シャンプー 抜け毛薄毛防止